国民生活金融公庫(国金)からの創業・開業融資による資金調達を成功させよう。国民生活金融公庫(国金)攻略マニュアルのご案内。
 国民生活金融公庫(国金)・資金調達 WEB
 創業・開業資金攻略ナビ
MY BEST
SUPPORT
 国民生活金融公庫TOP | プロフィール | 無料レポート | 国金攻略ノウハウ集 | 重要!!法人設立 | 資金調達マニュアル | 各種ご相談 |

 ・無料レポートのご請求は・・・
 ・マスコミの皆様へ・・・
 ・講演セミナーのご依頼は・・・

★資金調達メルマガ(byまぐまぐ)
【現場叩き上げの資金調達ノウハウ】
:20億円の支援実績!!
登録フォーム
解除フォーム

★国民生活金融公庫ノウハウ★
 国民生活金融公庫や開業融資を攻略するための基本知識はこちらからどうぞ!! これらの情報は、全て無料でご提供しています!! 是非、お立ち寄り下さいね。


★法人設立と開業融資★
 ご存知ですか?国民生活金融公庫、信用保証協会、銀行融資、ビジネスローン、経済産業省系助成金・・・、そして「新会社法」。これらの基礎知識を持って法人を設立すると非常に得することがあります!!それは一体どういうことか??どうぞ、こちらからお入り下さい。


★資金調達著書一覧

究極の資金調達マニュアル
(こう書房)

資金調達100の方法
(ダイヤモンド社)

独立開業のしくみが1週間
でわかる本(ダイヤモンド社)
2、5章担当


リンク集
サイトマップ

通信販売の法規に基づく表示、及び個人情報の取り扱いについて


 国民生活金融公庫の開業融資による資金調達を成功させよう。

  創業者、起業家、新規開業者にもっとも効果的な資金調達方法は?



 国民生活金融公庫攻略法。創業者にとって最も効果的な方法は?

 やはり、現実的には「融資」なのです。
 特に国民生活金融公庫でしょう!!

 そう、結局、融資をいかに上手く活用するかがポイントです。

 皆さん、ちょっと考えてみて下さい。独立開業する時、または既に事業を行っている経営者が事業資金を必要とする時、どういう資金調達方法を最初に検討するでしょうか?

 まず思いつくのは「融資」でしょう。
 次に「補助金・助成金」でしょう。

 もう既に説明をしていますが、この考えが妥当だと思います。

 若いベンチャー企業経営者の中には「ベンチャーキャピタルから投資を受けたい」と簡単に考える方も多いようです。

 しかし、最初に検討すべき資金調達方法はやはり「融資」です。

 なぜなら、最も現実的な資金調達方法だからです。

 これまで、厳しい経済状況の下で銀行は"貸し渋り"を行っていると言われきました。しかしながら、私に言わせれば、「融資」を徹底的に利用している事業者は本当に少ないと感じてました。

 "銀行が資金を貸してくれないから、だったら出資に頼ろう"という発想はあまりにも安易です。

 私は決して「出資」が"悪い"と言っているわけではありません! 
 実際、私も投資に関するコンサルティングも行っています。

 重要なことは、「融資」と「補助金・助成金」をいかに有効に活用するかが、創業者や独立開業者の事業の成功を大きく左右するということを忘れないでいただきたいのです。


 国民生活金融公庫、開業融資攻略ノウハウ集!

          ※国民生活金融公庫に関する本物の知識が必要な方は、
               『国民生活金融公庫攻略マニュアル』。


国民生活金融公庫以外の融資、助成金などによる資金調達方法なら。


 <お勧めWEBサイト>
  1.中小ベンチャー起業の資金調達全般の知識なら・・・。
   ・資金調達サポート&資金調達マニュアル(MBSオフィシャルサイト)

  2.新政策金融の「日本政策金融公庫」に関する知識なら・・・。
   ・日本政策金融公庫攻略ナビ

  3.銀行融資、公的融資に関する知識なら・・・。
   ・公的融資&銀行融資攻略ナビ

  4.ビジネスローンに関する知識なら・・・。
   ・ビジネスローン攻略マニュアル

  5.資金調達や融資、中小企業金融に関する用語辞典。
   ・資金調達・融資用語辞典

 <国民生活金融公庫や資金調達のご相談は・・・>
   ・国民生活金融公庫のご相談ページへ
    ※先ずはメールの無料相談をご利用下さい。

 <融資、助成金など資金調達全般に関するノウハウを習得するには・・・>
   ・資金調達マニュアルのページへ(MBSオフィシャルサイトへ)



 
国民生活金融公庫を支援するマイベストサポート(MBS)吉田学
Copyright 2005 by My Best Support. All rights reserved
マイベストサポート(吉田学)の許可なく本文書の一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。